No.22 人妻を画面越しに果てさせる楽しみを知ったテレビ電話エッチ

とみーさん(28歳・男性・大阪府・会社員)のセックスレス人妻と不倫の妄想テレビ電話エッチを重ねた体験談です。

セックスレスの人妻との出会い

私は小さな会社で働く28歳の男性です。

これまでに交際した女性もいますが、私は元々人妻フェチのため、自分の恋人にあまり興奮することは少なかったです。

そのため淡泊な人と思われてきましたが、実際には友人の奥さんに欲情することも多く、それを隠して生きてきました。

人妻とのプレイは憧れがありますが、見つかった時のリスクが怖く踏み出すことが出来ませんでした。

そんな時にネット記事でアダルトチャットに人妻が多いことを知り、さっそく登録しました。

実際に登録してみると人妻はたくさんおり、その中で30代前半の女性とチャットをしました。

その女性は子供が一人いる専業主婦の女性です。

チャットを始めた時はお互いの紹介から始まり、徐々になぜアダルトチャットに登録したかの話になりました。

相手の女性について、夫婦関係良好も子供が生まれてからセックスレスになり、欲求不満とのことでした。

しかし不倫する勇気はないことと子供もいるため長時間外出も出来ず、アダルトチャットに登録したそうです。

お互いにやりたいことは一致し、そのまま自然とプレイの話になりました。

テレビ電話エッチで欲求不満を発散する人妻

どんなふうに責められたいか、どんな言葉が欲しいか少しずつ聞き出しました。

そしてそれに応じて指示を出し、その様子をじっくりと観察して楽しみました。

女性は夫とのプレイを妄想していたらしく、私のことを夫だと思い名前を呼んでいました。

私もそれに合わせました。

次第にお互い興奮していき、声も大きくなっていきました。

途中からは羞恥心を煽りつつ、画面越しに自分の局部を触っている様子・表情を伝えたりもしました。

そして女性はバイブに手を出し、そのまま挿入しました。

右手で乳房を揉みつつ左手で出し入れしているうちに潮を吹き、息を荒げていました。

少し休憩したそうな様子でしたが、構わず再び挿入するように伝えました。

女性は驚いた様子でしたが拒否することはありませんでした。

休む間もなく再び挿入し、動かしました。

バイブは振動の強弱設定もできるようなので最大にするように伝えました。

女性も最大振動はしたことがなかったらしく、不安そうな様子を見せましたが、挿入してからは気持ち様さそうな表情に変わりました。

初めての刺激にこれまで以上に取り乱しつつも腕を止めることはなく、最後に夫の名前を呼びながら果てました。

そして私も女性が果てるのと同じタイミングで果てました。

画面越しに様子を見つつ自分の物を触り続けており、途中で出てしまいそうになりました。

しかし実際にプレイしている時を想像し、何とか我慢して最後まで持たせました。

お互い果てた後は改めて顔を見合わせ、少し気恥しい空気になりました。

私は二回目もしたいと思いましたが、女性は少し休みたい様子だったため乾燥を話し合ったり次にいつチャットするかなど予定を確認して終了しました。

満たされた人妻はテレビ電話エッチを卒業しました

初めてのアダルトチャット以降、その女性とたびたびやり取りしてプレイを楽しんでいます。

次第にプレイ内容も過激になり、使用するおもちゃの数も増えていきました。

そして何度も果てる画面越しの女性に魅力や艶やかさが増している印象を持つようになりました。

しかし15回ほどプレイした後、女性から「夫から誘われるようになったからアダルトチャットを卒業します」と伝えられました。

私もそれに納得し、最後のプレイの時だけは私のお願いで2回目もさせていただきました。

以降はその女性を見ることは無くなりました。

アダルトチャットを始めてから私の日常は満たされるようになりました。

正直恋人と会うよりもチャットをしている方が楽しいと感じてしまう日々が続いています。

きっと私のアダルトチャットからの卒業はおそらく来ないと思います。

今は人妻好きという私の欲求を満たしてくれるアダルトチャットに感謝しつつ、新しくプレイしてくれる女性を探している日々です。

ご投稿ありがとうございます。

セックスレスの性欲発散のために、テレビ電話エッチに居場所を求めてやってくる人妻は多いそうです。

事実、既婚女性の中で夫とのセックスに満足している人の割合は低く、多くの主婦が性欲を自慰行為で満たしているのが現状なのです。

一方で、今回のケースのように、数週間から数か月間の間、テレビ電話エッチにどっぷり浸かり、その後ぴたっと卒業してしまう人妻が多いのも事実です。

その理由は、単純に飽きたからではなく、満たされたからなんですね。

言い換えるなら、本当のセックスではなく、スマホを介したバーチャルなセックスであるにも関わらず、テレビ電話エッチはそれほどまでに人の性を満たす役割を果たしていると言えるのです。

事実、テレビ電話エッチをやったことがない人が、はじめてそれに挑戦すると、あまりのエロさと満足感に驚くものです。

映像と音声という限られた五感の中で、お互いに妄想を膨らませながら現実に性器から刺激を受けるというバーチャルともリアルとも言い難いプレイは、人の性欲を最大限に満たす役割を担っているのかもしれません。


PAGE TOP