痴女人妻の自宅に連れ込まれて喰われそうになったテレクラ体験

長坂タカシさん(32歳 男性 東京都 会社員)からの痴女人妻とのテレクラエピソード投稿です。

今回タカシさんは最終的にはセックスに至らなかったようですが、この体験のように痴女がM男を逆ナンパして自宅に連れ込み、好き放題の性具にして痴女プレイを楽しむというパターンは多々あります。

M男性に限らず、痴女に責められたい男性やお母さん、おばさんに優しく責められたい男性にはテレクラはまだまだ使える出会いの場。

わざわざ店舗に出向かなくてもおいしい思いができる人妻TV電話エッチや人妻ツーショットダイヤルをやってみたくなる痴女との出会いの体験談です。


テレフォンクラブで熟女に喰われそうになった話

巨乳を押しつけてくる痴女

専門学校に通うために、東京の23区で一人暮らしを始めて2、3年したころ、ある先輩に面白いとこに連れてってやると言われた。

そのころ、ちょうどよくしていただいていた先輩で、初めは正直不安のほうが大きかった気がする。

ただ口ではいやいやと言いながらも、そこは男の本性なのだろう。内心は行きたいという、欲求が徐々に出てきていた。

時間も22時が過ぎようとしていた夜。

車に乗って向かった先は、埼玉県の南側に位置するT市とでも言っておこう。

そこは周りにはほとんど店もなく、まばらな住宅地にひっそりとたたずむ、2階建ての2階にあるテレクラだった。

今思うと、もっと駅の近くにあるのが普通なイメージと思った。

いざ車を降り、階段を上っていくときは、中がどういうとこで料金はいくらぐらいで等々、先輩は一緒だったが、詳しいことまでは聞くことはなく、ドアを開けた。

中には、受付に男性スタッフが1人。今で思うと、こういうお店によくある感じの雰囲気で、料金の説明や時間、注意事項の説明があった。

あと紙に年齢やちょっとしたプロフィールを書き店員に渡した。

あとでそれは電話をつないでくれる際に、女性が男性を選ぶ時の目安だということが分かった。

3時間コースを選び、いざ部屋へ。店内にはAVがずらっと並んでいた。

部屋に入る前に先輩からそんなに期待しない方がいいと言われた。

ようはそんな簡単にはうまくはいかない(女性から電話が来ない)ということだったのだろう。

入室して10分ぐらいしたときに一本のコールが。

店員さんからおつなぎしますねという言葉から女性との通話が始まった。

テレクラに多い人妻逆ナンパ

風俗経験は何回かあったものの、テレクラ、ようは電話で女性と話をしてどうこうするといった経験は初めてで、風俗とはまた違った高揚感があった。

お相手は自称30代で口調がけっこう強い感じの方だった。

初めは緊張したが、話し始めると意外と話せるもので、10~15分ぐらい経過したときに会いませんか?とのお誘い。

マジか!?と思いつつ、場所を聞くと、埼玉のかなり北部に住んでるとのこと。

車で片道1時間以上かかる場所で、待ち合わせの場所を交渉しているときにいきなり電話を切られてしまった。

おそらくめんどくさくなってしまったのだろう…

それから5分もしないうちに2人目の電話が。

自称20代で今回は始めに住んでいる場所を聞くと、なんと店から車で5~10分ぐらいの場所に住んでいるという。

向こうから会話が始まって何分もしないうちに会える?との誘い。

待ち合わせ場所は住所を指定され、車で向かうことになった。

待ち合わせの場所は住宅街で、そこには閉まった商店が一軒あり、あとは数台の自販機があるだけで外灯がちらほら。

車もあまり通らず、静かな雰囲気だった。

本当にこんな場所に来るのか?と思いながら電柱の陰に身をひそめたりしながら(内心は不安だらけ)待つこと10分。

1人の女性がこちらに歩いてくる。

服装は明らかな部屋着で、声をかけられた。電話で話した女性だった。

見た目は確かに20代前半ぐらいで少しぽっちゃり風な感じだった。

決して可愛いとはいえないが、あながちタイプでないこともなかった(やりたいと思う範囲)。

家が近いらしく、寒いから家に行こうとのこと。

マジか、ほんとに大丈夫かと内心思いつつも、言われるがままに家に。

そこは一人暮らしの1ルームとかではなく、一軒家の実家だった。

痴女のおもちゃにされそうになった俺

一階の部屋のソファに通され、少し会話を。2階には祖父と祖母が寝ているという。

隣に女性が座った際に、性欲を抑えきれずにこちらからキスをすると、まだちょっと早いとのこと。

それでも3、4回した。

そうこうしていると先輩から何度もの電話が。

帰ろうとのこと。

車は一台しかなかった為、そこでタイムアップ。

もう行かなきゃいけないんだと女性に告げ、急いで店へと向かった。

おそらくあのまま居たら、行為に堕ちるのも時間の問題だったと思う。

別れ際、連絡先を交換しようとしたが携帯は持っていないとのこと。

それから二度とその女性とも会うことはなかった。

その日はもう夢中で他のことを考える余裕はなかったが、思い返してみると、こんな世界が本当にあるんだと実感した。


ご投稿ありがとうございます。

テレフォンセックスも音声電話からビデオ通話に移行し、自宅にいながらスマホのビデオ通話で妄想セックスが楽しめる時代になりました。

しかし、今回の投稿のように、やはり生のセックスにこだわる熟女がいるのもまた事実です。

ビデオ通話セックスと生のセックスにはそれぞれ良さがあるので、どちらがベストか一概には言えませんが、一つだけ確かなのは、今すぐ痴女とセックス可能な手段がいろいろあるということ。

つまりそれだけ世の中には、秘密にセフレを作って、性を発散させたい痴女が潜在的に大勢いるということですね。

ビデオ通話でお互いにオナニーを見せ合いながらテレセックスしたい女性や、生チンポを求めて逆ナンパする女性など、エロ電話系サイトの中には出会いが溢れています。

ぜひあなたも全てを忘れてその官能の世界を覗いてみてください。

きっと未知の世界が待っています。

すけべな熟女と電話エッチできる人気サイトリスト


PAGE TOP