No.42 初体験の人妻とテレビ電話エッチでドキドキの相互オナニー

ケンジさん(39歳・男性・東京都・会社員)の初体験の人妻とテレビ電話エッチでドキドキの相互オナニーをしてしまった体験談です。

街で見かけたエロい人妻

会社帰りにスーパーで買い物をしていると、色っぽいレジ係の女性がレジ打ちをしてくれました。

その女性は人妻のように見えたため、「人妻はエロくていいな」と思いながら家に帰りました。

ビールを飲み酔ってくると、先ほどの人妻レジ係の女性を思い出し、人妻とエッチなことがしたいと思いました。

そんな勢いで、アダルトのスマホアプリを調べてみると、素人人妻がいるテレビ電話のアプリをみつけました。

普段なら「へー」と思うだけですが、この日は先ほどの色っぽい人妻へのエッチな気持ちがあったので、興奮した気持ちを抱えながらダウンロードしました。

アプリをインストールして、通話相手をしてくれる人妻のラインナップをチェックします。

5歳刻みで年齢別にカテゴリ分けしてるため、使い勝手がいいと感じました。

35歳から40歳のカテゴリをチェックすると、私好みの色白の童顔の人妻を見つけました。

年齢は39歳で私と同じ年齢です。

名前は優樹菜さんです。

妙にそそるエッチな体系と、サクラっぽくない素人感に惹かれて、この女性にしようと決めました。

テレビ電話アプリで知り合った理想の人妻

私が利用したテレビ電話アプリは、双方向のチャット方式です。

相手の映像を見れるだけでなく、自分のスマホのカメラを通じて、私の姿も相手に見えるようになっています。

他人の覗きが入る心配もなく、基本的に二人だけの世界です。

景気づけのためにビールを一本、一気飲みのような状態で飲み干すと、彼女の待つ部屋に入りました。

優樹菜さんはニット姿で、リラックスした感じでした。

ニットの胸元は大きく開いていて、とても色っぽいです。

私の入室に気付いた優樹菜さんは「こんばんは」と声をかけてくれました。

私も「こんにちは」と返事をします。

写真以上に美しい顔、透けるような白い肌、そして予想以上の巨乳の膨らみを見て、私は興奮しました。

「ビール飲んでるんですか?」と優樹菜さんが聞くので、「はい、緊張をほぐすために」と正直に言いました。

「このアプリ初めてですか?」と優樹菜さんが言うので、「初めてです」と答えます。

「実は、私もこのアプリ使うの今日が初めてなんです」と優樹菜さんは恥ずかしそうに言います。

そして「だからあなたが初体験の相手」と優樹菜さんは恥ずかしそうな顔をして、頬をピンク色に染めました。

正直、その初体験が本当なのか嘘なのか、そんなことは関係なくなっていましたね。

相手の女性も初めてなら、あまり上手にエッチなことができなくても恥ずかしくないかな、と思い、気が楽になりました。

初めてのテレビ電話セックスに理性を失いました

「胸が大きくて、綺麗ですね」と私が言うと、「Hカップです」と優樹菜さんが言って、胸を両手ではさみ、揺らしました。

意外と大胆な行動に、私は股間が大きくなっていきます。

「直接、見たい」私が呟くと、「うん」と優樹菜さんは言って、ニットをずらします。

大きくて白い胸が、ボロンとニットから零れ落ちました。

「大きくて、綺麗」私はため息をもらしました。

我慢ができなくなり、「オナニーして」と私がリクエストすると、「一緒にしてくれますか?」と優樹菜さんは言いました。

「アソコも見せて欲しい」と優樹菜さんが言うので、私はすでにギンギンに大きくなった股間をカメラに映るようにしました。

「大きい。すごい、旦那の倍くらい」と優樹菜さんは言いながら、蜜壺を指先で触り、喘ぎ声を出します。

私も「優樹菜さん、綺麗だよ」と言いながら、イチモツを右手で上下にこすりました。

優樹菜さんが絶頂に近づくと、喘ぎ声が大きくなり、体がびくんびくんと小刻みに震えはじめました。

私もすでに我慢の限界に達していたため、「一緒に行こう」と言いました。

「うん、イクう!」と優樹菜さんは言って、腰を大きく動かし果てました。

私も同じタイミングで射精しました。

こうして、初めての人妻とのテレビ電話セックスを終えました。

「また会いたい」と優樹菜さんが最後に言ったので、「絶対に、会いに来ます」と私は約束しました。

ご投稿ありがとうございます。

人妻って、理屈では説明できないようなエロさがありますよね。

文字通り、人の妻だという事実があるからこそ、その禁断の扉を開いてみたくなるものです。

一方で、その人妻自身も、禁断の愛に飢えています。

純粋に、日常の不満を言い合えるような話し相手が欲しいと思っても、忙しい夫にその余裕はなく、ましてや夜の生活など皆無です。

そんな家庭の寂しさを紛らわせるのは、テレビ電話エッチというバーチャルな不倫の世界なんですね。

つまり、テレビ電話エッチアプリを使う人妻は、エロを求めていると同時に、癒しを求めているんです。

実際のところ、テレビ電話エッチをしている人妻は、すけべな女性が多いのが事実です。

しかし、今回のテレビ電話セックスで体験なさったように、見知らぬ男性との浮気が初めてという、エッチに不慣れな女性がいるのもまた事実なんですね。

エロい下ネタトークに旺盛な、痴女や熟女だけではないんです。

ビデオ通話の普及によって、人妻もスマホ一つで家の外と繋がっている今、疑似エッチというイメージプレイで、夜の不満を発散させたくてうずうずしている人妻が増えているんですね。


PAGE TOP